意味不明な中国のギャンブル禁止法律

中国では約2000年頃に入りまして「スロット777」を完全回収して、
ゲームセンタや娯楽施設にスロット機械を入れるのを法律で禁止されました。
インペリアルカジノはなんとか禁止の憂き目からのがれたらしいですね。

「スロット777」は一回の多くあたり、
それで仕事をせず暮らす人々が多くなったためでした。
自分が実際住んでる所も結構若い人たちが沢山そちでお金をかけました。

でも2005年頃は新しいスロット機械が登場し、
それは未だに禁止されず使っているらしいです。
「スロット」はゲームMoneyを機械に投入し、
そのケームMoneyを実際の現金に交換するシステムです。

日本のバチンコと同じ仕組みだと思います。でも、
新しく出た機械は実際の小銭を入れて小銭が出る仕組みです。
こちの方がもっと直接でギャンブルに近いじゃないでしょうか?
でも、中国方の理由として普通の人はそんなに多く小銭を所持することが少ないため
ギャンブルに掛けるお金少なくなる、金額が少なければギャンブルにもならず、
それと日常の生活にも影響されないという説でした。

でも、実際現場を見ると、そのギャンブル機械を置いてる店主さんが大量の小銭を用意しており、
それで結構儲かる店主さんがいました。あいまいな法律ですようね?以上中国の意味不明なギャンブル禁止法律でした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ