麻雀の和りトップについて

麻雀において、オーラスは勝負を決める大事な局ですが、
そんなときに難しいのはいわゆる和りトップの展開になったときです。

和りトップとは、いわゆる1000点以上和ればトップが確定する和りのことで、
主にトップだったり、2着でトップが射程圏に入ってるときに狙うものです。

しかし、この「ただ1000点和るだけ」ということが、
麻雀ではとても難しいときがあります。
それは、そんなときに限ってチンイツが狙えるような大物手が配牌できてしまったり、
他家からダブルリーチを宣言されてしまったり、下家のラスが大物手を狙っていて、
牌をしぼったりしなければならないからです。

ただ、だからこそ和りトップのときというのは、
弱気にならず強気で攻める精神が必要です。
そこまで好成績できているということは、
少なからず自分に運があるということですから、
同じような手牌になれば運があるこちらが勝つからです。

麻雀の上手い人というのは、
和りトップのときにきちんとそれを決められる人ですので、
私もそれがしっかりとできるように努力していきたいと思っています。”

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ